「止めよう!変形労働時間制」ニュース NO.20

教員を親に持つ中学生、高校生の声①

中学生が、夏休みの自由研究で「教員の働き方改革」をテーマに研究

●「働き方改革」で、大金語の持ち帰り残業が日常化

 道教組組合員のお子さん(中学2年生)が、夏休みの自由研究として「教員の働き方改革」をテーマにまとめました。その動機は、「働き方改革」として強制的に退勤させられた母が、仕事を家に持ち帰って忙しそうにしている姿を見て、「働き方改革って、何だろう?」と疑問を持ったことです。業務量を減らさずに退勤させて「働き方改革」だと言うことに中学生が疑問を持つのは、当然です。

止めよう!変形労働制 №20 中学生自由研究のサムネイル