2020年 3th page

よりよく生きる 2020年11月16日

「止めよう!変形労働制」NO.86

「1年単位の変形労働時間制」について、道教委と2回目の交渉① 道教委は、先送りを拒否し条例提案を強行!全国に先駆けての性急な手続きは許されない ●道教委は、交渉を一方的に打ち切って、条例提案を強行 ●「怒りのレッドカード」で寄せられた怒りの声より

よりよく生きる 2020年11月9日

「止めよう!変形労働制」NO.82

「1年単位の変形労働時間制」について、道教委と1回目の交渉② 年休の取得状況からも、性急に制度導入をしなければならない必然性は全くない ●年休の多くが取得できていない~まずは、年休が活用できる業務改善が先決 ●新たに制度を活用しなければならない必然性がないことは明らか

よりよく生きる 2020年11月9日

「止めよう!変形労働制」NO.85

「1年単位の変形労働時間制」について、道教委と1回目の交渉⑤ コロナ禍の今、性急な条例整備ではなく、子どもと教職員を守る対応に集中すべき ●新型コロナ感染症も深刻化する今、なぜ性急に条例制定しようとするのか ●性急な条例整備ではなく、深刻な長時間労働の抜本的改善に集中するべき

よりよく生きる 2020年11月9日

「止めよう!変形労働制」NO.83

「1年単位の変形労働時間制」について、道教委と1回目の交渉③ 「働き方改革の選択肢」として制度導入するとの説明は、まったく成り立たない ●「働き方改革を進めるための一つの選択肢となる」との説明は、成り立たない ●教職員の増員などの対応から目を背けず、長時間労働の抜本的改善を  

よりよく生きる 2020年11月9日

「止めよう!変形労働制」NO.84

「1年単位の変形労働時間制」について、道教委と1回目の交渉④ 意向調査について「可能な限り…意見を伺った」とは認められず、再調査するべき ●道教委の意向調査は、十分に学校現場の声を聞いていると考えているのか ●「可能な限り」の努力をしたとは認められず、再調査をするべき  

よりよく生きる 2020年11月9日

「止めよう!変形労働制」NO.81

「1年単位の変形労働時間制」について、道教委と1回目の交渉① 今回の条例提案は、制度の活用を前提としたものではないことを確認 ●変形労働時間制について、11月6日に道教委と1回目の交渉 ●今回の条例提案は導入を前提としたものではないことを確認 ●仮に条例案が可決されても、活用するかどうかの裁量は学校と市町村教委にある

よりよく生きる 2020年11月5日

「止めよう!変形労働制」NO.80

道教委が「1年単位の変形労働時間制」について説明するためのリーフレットを作成 ●道教委が、現場無視の意向調査に基づき、道議会に条例案を提出へ ●組合の指摘を受け、道教委はリーフレットを作成 ●各職場で、制度導入の問題点を語り合い、反対の声を上げよう